スポンサードリンク

2016年02月17日

確定申告 特集 税務職員

確定申告の提出期間中は税務署がものすごく混み合います。特に3月に入ってからは確定申告の提出やら相談やらで人がごった返しています。スムーズに手続きを済ませるのであれば、早めに準備をして2月中には提出を済ませてしまうのが賢明です。仕事が忙しくて税務署まで提出に行けない方や、書類の作成に慣れていて不備がないと思う方は郵送で提出も可能です。私は税務署の営業時間外に税務署の前に置いてある提出用ポストに投函してきました。このサイトは主に「脱サラして個人事業主として商売を始めた方」向けに書いています。

なぜそうなのかというと、運営主である私自身が脱サラして個人事業主として商売をしているからです。私の経験も踏まえて情報を提供することで多くの方のお役に立つのでは?と思いサイトを立ち上げました。もちろん脱サラしたわけではない個人事業主の方も読んでいただけると参考になるところがあるかもしれません。私の失敗談なんかも交えてお伝えしていきますので、読んでみてください。 確定申告は所得税を納めるためにします。会社員の場合ですと、毎月支払われる給料から自動的に所得税が源泉徴収という形で天引きされているので意識することがありません。

ですから自分でやる必要のあることは、年末調整のときに個人的に支払った生命保険や地震保険の額を年末調整用の用紙に記入して、支払い証明書と一緒に会社の経理担当へ提出する程度になります。


posted by 確定申告 at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 確定申告 特集 税務職員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月02日

確定申告 納税 いつ

必要に応じて第三表から第五表までも記入して提出しましょう。それぞれの用途は以下の通りです。第三表は株主の売買益についての分離課税される所得がある場合に使います。第四表は青色申告者で事業が赤字の場合に翌年以降に繰り越すために使います。ここでいう赤字というのは以下のいずれかのケースです。単純に所得金額が赤字になっている。

災害や盗難によって資産に損害を被り、雑損控除として所得金額から差し引くと赤字になっている。前年からの繰越損失額を控除すると赤字になっている。納税額とは、課税所得に定められた税率を掛けたものです。基本的には課税所得が大きくなればなるほど納税額も大きくなります。申告納税額とは、納税額から住宅ローン控除や医療費控除などの税額控除を直接差し引いた金額です。ここで求められた金額を確定申告の提出と同時に税務署に納付します。

青色申告をするには、あらかじめ税務署へ「所得税の青色申告承認申請書」を提出しておかなければいけません。また、青色申告をするのであれば簡易簿記もしくは複式簿記で帳簿を作成する義務があります。こうした手続きのめんどくささから青色申告を敬遠する方も少なくありません。それでも青色申告はメリットだらけなので、取り組むのをおすすめします。
posted by 確定申告 at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 確定申告 納税 いつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
確定申告」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。