スポンサードリンク

2014年02月22日

国税庁 医療費控除 用紙 2014

医療費控除できる一つの目安は一年で使った医療費が10万円を超えたかどうかだそうです。自分と家族の医療費を合わせた額によっては控除が受けられるので申告するのがよいですね。個人事業主の方や不動産所得を得ている方は青色申告を利用して複式簿記で記帳している場合65万円の控除を受けることができます。積極的に活用すべきですね。サラリーマンやOLの方で所得控除を申告するケースで一番多いのが医療費控除だそうです。自分や家族がケガや病気などで一定額以上支払いをしていた場合対象になるみたいです。


posted by 確定申告 at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 確定申告 時期 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月20日

確定申告 2014作成コーナー

確定申告の用紙には申告書Aと申告書Bがあって、個人事業主は申告書Bを使うそうです。医療費がたくさんかかったり、マイホームを購入したりしたらサラリーマンでも確定申告が必要になるんだね。そしてお金が帰ってくる。確定申告をすることで税金が戻ってくるおもなケースは医療費控除や住宅ローン控除、認定長期優良住宅新築等特別税額控除などです。
posted by 確定申告 at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 確定申告 時期 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月18日

確定申告 2014 宇都宮

サラリーマンに関わってくる確定申告って住宅ローン控除と医療費控除だよね。年間にどれぐらいかかったかで還付される額が変わってくるみたい。確定申告に必要な書類は住宅ローン控除の場合は住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書なんかがあるみたい。確定申告の書類は複写式になっているので、黒または青のボールペンで強く記入する必要があるそうです。また数字の書き方も機械で読み取るために決まりがあるので気を付けたいポイントですね。
posted by 確定申告 at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 確定申告 時期 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
確定申告」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。